leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

CHANEL / シャネル ミニマトラッセ チェーンバッグの色褪せ・スレ傷修理のご紹介!!

LINEで送る
Pocket

シャネルのミニマトラッセ チェーンバッグの色褪せ修理をさせて頂きました。

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、CHANEL(シャネル)のミニマトラッセ チェーンバッグの修理事例をご紹介いたします。

 

シャネルのバッグと言えばこれと言うくらい、代名詞的なマトラッセ チェーンバッグシリーズです。
フランス語で「袋詰めされた」や「ふっくらとして膨らんだ」というような意味を持つ「マトラッセ」。
キルティングのように革を菱形に縫製していく事で、革がふっくらとした印象になり、その加工がシリーズ名の由来になっています。

 

今回ご相談にただ来ましたミニマトラッセは、通常のマトラッセよりも少し小振りな大きさになっていて、ポーチのようなサイズ感がかわいいバッグになっています。

 

さて、今回はこちらのシャネルのミニマトラッセ チェーンバッグがどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/シリーズ名 : CHANEL(シャネル) /ミニマトラッセ チェーンバッグ

製品種別 : ショルダーバッグ

カラー : ブラック

現在の状態 : 色褪せ、角スレなど

ご依頼内容 : スレ補修+染直しリカラー修理

 

before-after 修理前後写真

 

【before/after】

・バッグの正面から。大変キレイにお使いですが、元々のブラックからブラウンのようなお色に変わってしまっています。

 

・元々は蓋裏のような黒色でしたが、色褪せにより外に出ている部分だけ濃茶のようなお色になっています。

 

・まだ軽度ではありますが、角スレなどが出始めていますね。特に色が薄くなっている部分がスレが目立ち始めている箇所ですね。

 

・柔らかいラム革が使われていますので、角スレのようなダメージが入りやすくなっています。

 

いかがでしょうか? 

 

今回の修理のご相談は?

 

本日はCHANEL(シャネル)のミニマトラッセ チェーンバッグのご紹介です。

 

シャネルのバッグの代名詞でもあるようなマトラッセシリーズの少し小振りなミニマトラッセです。
シャネルのレザーバッグのほとんどは柔らかいラムレザーが使われており、特にシャネルのラムレザーは他のブランドに比べて薄いような革が使われている印象があります。
そのため特に手触りが柔らかく、バッグ本体が軽い感じがします。

 

そんなシャネルのミニマトラッセですが、今回は色褪せが出てしまいバッグ全体的に元の色から大きく変わってしまったという事で修理のご相談を頂きました。

 

before-afterのお写真でも確認頂けると思いますが、元々は写真2枚目の蓋裏のように黒色のマトラッセでしたが、経年劣化の色褪せにより濃茶のようなお色に変化してしまいました。

 

色褪せの原因のの多くは紫外線によるもので、太陽光に長時間あたっていると色が変化していってしまいます。
また太陽光だけでなく、蛍光灯などの電灯にも紫外線は含まれていますので、光が当たる箇所に長期間放置しておくと色の変化はしやすくなってしまうんですね。

 

特にシャネルなどようなブランドで使われているラムレザーは、柔らかい質感を守るために染色仕上げになっている事が多く、表面の塗装が少ないか、ほとんどされていないため、色褪せに弱い染料が抜けてしまうと変色が発生しやすくなっているんですね。

 

今回は蓋が被っていた箇所などの変色は少ないのですが、バッグ全体的に色褪せが出てしまっています。
写真では分かりにくいですが、屋外などの明るい場所で見ると蓋を開けた箇所との色の差がくっきりと分かり、まるでツートンのようなバッグになってしまっていました。

 

これでは気持ちよく使えないという事で、全体の色を統一すようなお色直しのご相談を頂きました。

 

今回の修理内容は?

 

今回の修理内容は、染直しリカラーと角スレ補修です

 

蓋裏などの元のお色が残っている箇所に合わせて調色した染料で、まずは元の黒色に近づけるように染色をしていきます。
ただ染料の場合、革の状態などの影響でキレイに色の統一感を出すのが難しく、色が濃い部分や薄い部分といった感じで染色ムラが出来てしまいます。
そのため、染色をした後はカラーリング剤でお色合わせの塗装をして、バッグ全体の統一感を出していきます。

 

今回メインのご相談は色褪せ補修でしたが、検品させて頂きますと角スレなども目立ち始めていました。
ラムレザーの場合、柔らかい分だけダメージが出やすい革素材になってしまいますので、その分劣化のスピード速くなっています。
なので、今回は色褪せの修理と一緒に角スレの補修も一緒にさせて頂きました。

 

今回のご相談のまとめ

 

今回はシャネルのミニマトラッセのチェーンバッグの色褪せ修理をご紹介させて頂きました。

 

ご相談をお伺いしていると、初めは濃茶のバッグとして使えばいいかなと思った時もあったそうですが、やはり蓋を開けた時の色の差を見ると気持ちよく使えないという事で、修理のご相談を頂いたそうです。

 

確かにそこまで状態が悪くなければ、「修理するまでもないかな?」なんて思うと思います。
私もきっと「もう少し使おうかな」なんて思います。

 

しかし、ただの色褪せや変色だけであればいいのですが、色褪せが出ているという事は革自体が乾燥していたりして、柔軟性や耐久性が弱っているケースがあります。
それをそのまま放置して使ってしまいますと、短い期間であっという間に深刻なダメージになってしまうといった事も少なくありません。
ご相談は無料ですので、最初に気になった時にレザーケアがてら一度ご相談頂ければと思います。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP