leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

CHANEL / シャネル キャンパス ショルダーバッグの金具修理のご紹介!!

LINEで送る
Pocket

シャネルのキャンパス地のショルダーバッグ。カラビナ金具の修理をさせて頂きました。

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、CHANEL(シャネル)のキャンパス生地のバッグの修理事例をご紹介いたします。

 

今回はレザーではなくキャンパス生地のバッグのご相談を頂きました。
シャネルというと、当店ではレザーのマトラッセやチョコバーのようなチェーンバッグのご依頼が多いですが、レザーでなくても当店で出来そうなものはどのような製品でも承っております。
レザーリペアがメインですが、革製品に限らずお困り事がございましたらお気軽にご相談くださいね。

 

それでは、今回はこちらのシャネルのバッグがどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/シリーズ名 : CHANEL(シャネル) /

製品種別 : ショルダーバッグ

カラー : グレー

現在の状態 : カラビナ金具が外れない

ご依頼内容 : 接着剤除去修理

 

before-after 修理前後写真

 

【before/after】

・バッグの正面から。当店へのご依頼では珍しい、シャネルのキャンパスバッグです。

 

・修理のご相談はマルチカラーな持ち手部分です。チェーンショルダーとは別に、カラフルなロープが編み込まれているハンドルもデザインされています。

 

・バッグ本体へ接続するカラビナという金具です。アウトドア用品などでよく見かける金具ですね。

 

・金具の開閉部分に接着剤のようなモノが充填されていて、カラビナの役割が果たせていません。

 

いかがでしょうか? 

 

今回の修理のご相談は?

 

改めて、本日はCHANEL(シャネル)のキャンパス地バッグのご紹介です。

グレーっぽい本体に、チェーンショルダーとアウトドアテイストの持ち手がデザインされたバッグです。
上記でも書きましたが、当店へのシャネルのご相談の中では珍しいタイプのバッグです。

 

そんなシャネルのバッグですが、今回はカラビナが動かなくなってしまい、持ち手の長さが調整できないのでどうにかならないかという事でご相談を頂きました。

 

カラビナと呼ばれる、アウトドア用品などでよく見かける接続金具ですが、こちらの開閉部分に接着剤のようなモノが塗られており、バッグ本体から外すことが出来なくなっていました。
ご相談をお伺いしますと、以前に別の修理店で持ち手の付け根部分の革を交換されたんだそうです。
交換された革パーツ自体は問題無かったのですが、その直後からカラビナが固定されており、取り外しが出来なくなったんだそうです。

 

ただ、あまりにもキレイに接着剤が充填されているので、お客様自身もいつから接着剤で固定されていたのかが定かではなく、とにかく持ち手の調整が出来ないのが不便だという事でご相談を頂きました。

 

当店でも新品時の画像などを見たりと色々調べたり、以前の修理業者さんが接着剤を塗った必要性などを考えたりしたのですが、カラビナとして機能していない金具が取り付けてある理由が分からずといった感じでした。

 

とりあえず充填されている接着剤が、エポキシ樹脂のようにも見えるし、レジンのようにも見える感じだったので、ご相談時は「接着剤を除去でます」というような確実なことがお答え出来なかったため、一度お預かりして色々試しながらの作業をさせて頂きました。

 

今回の修理内容は?

 

今回の修理内容は、カラビナ金具に塗られた接着剤の除去修理です。

 

まずは接着剤を溶かす溶剤系の薬品を、硬化が優しい方から順番に塗っていき除去出来るか試していきます。

 

当店でご用意出来る数種類の溶剤を試しましたが、表面は溶けていくのですが奥の方の接着剤がなかなか溶けてくれなくて、少し時間が掛かりそうな雰囲気になっていました。
今回のカラビナ金具は赤いメッキ加工がされていたので、溶剤をあまりビチャビチャ塗って万が一メッキが剥がれたら大変です。
様子を見ながら少量ずつ溶剤で溶かしては、目打ちなどで溶けた接着剤を削り出す作業を繰り返すこと数十回、やっと接着剤が取れてカラビナが開け閉め出来るようになりました。

 

あとは、カラビナを傷付けないように溝の奥などに残った接着剤を除去して修理完了です。

 

今回のご相談のまとめ

 

今回はシャネルのバッグの金具修理をご紹介させて頂きました。

 

結局、接着剤の種類となぜ接着剤で固定されていたのかは謎のままでしたが、修理完了後にカラビナの動きなどを確認しても特に不具合も見当たらず、問題なく持ち手の調整が出来ました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

 

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP