leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 バレンシアガ / バッグ 修理事例】シティのスレ、色褪せ修理のご紹介!

LINEで送る
Pocket

Balenciagaのシティ スレ傷と色褪せの染め直し補修をさせて頂きました。

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、Balenciaga(バレンシアガ)のバッグ シティの修理をさせて頂きましたので修理事例をご紹介いたします。

 

さて、こちらのバレンシアガのバッグがどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/製品名:Balenciaga(バレンシアガ)/シティ
製品種別:ショルダー2wayバッグ
カラー:ピンク
劣化状態:バッグ全体の色褪せ、スレ傷、黒ずみなど
ご依頼内容:メンテナンス+スレ補修+カラーリング+コーティング

 

ご相談内容は? -レザー部分のスレと色褪せ-

 

本日はBalenciaga(バレンシアガ)のシティの修理のご相談です。

 

ラグジュアリーブランドとしてブランドの地位を確立しているバレンシアガですが、最近ではスニーカーやバッグなどストリートやタウンユースにも人気の高いブランドになっていますね。

 

今回のご相談は、そんなバレンシアガの中でもエディターズバッグとして人気の高いシティの修理という事でお問い合わせをいただきました。

 

何度触っても柔らかくて手触り抜群のラムスキンが使われたバッグで、ショルダーバッグにもなる2wayになるのが特徴です。

バレンシアガの他にラムスキンが使われているブランドとしては、シャネルやボッテガヴェネタ、ジミーチューなどのレザー製品がありますが、その中でもバレンシアガの革は独特なカラーリングのラムスキンで一目でバレンシアガのレザーというのが分かりますよね。

 

今回はそのシティの色褪せや角スレなど気になるという事で修理のお問い合わせをいただきました。

バレンシアガらしい鮮やかなピンク色だったバッグも、全体的にやや色褪せてしまったという感じです。

 

バレンシアガ シティ 正面 修理前1

 

バレンシアガのバッグは染料中心の仕上げの革が使われていますので、顔料仕上げの革に比べると退色という色褪せのダメージが出やすい革になっていますね。

 

バレンシアガ シティ 背面 修理前2

 

元々はもっとピンクと言うか、ショッキングピンクのような鮮やかなピンクでしたが、使っているうちに色が抜けてしまい淡い色味に色褪せてしまいました。

 

バレンシアガ シティ 正面アップ 修理前3

 

大きなダメージではありませんが角スレなども目立ち始めていましたので、そちらのスレ傷なども補修しながら色の補色をさせて頂きます。

また黒ずみが出やすい持ち手部分もそこまで大きな変色は見られませんので、染め直しで元のピンクに近づけていきます。

 

バレンシアガ シティ 持ち手 修理前4

 

 

修理内容は? -スレ傷補修とリカラー-

 

今回は、バレンシアガのシティのスレ傷補修とお色直しをさせて頂きました。

 

柔らかい反面、キズなどのダメージが入りやすいラムスキンは、バッグなんかに使われますと表面や四つ角なんかにスレ傷が入りやすくなってしまいます。

 

バレンシアガ シティ 正面 修理後1

 

今回の修理では、角スレを整えた後に少し丈夫な補修剤で補強をさせて頂いております。
ラムスキンの柔らかさは若干損なわれてしまうのですが、バッグの角部分は縫い合わせのために革が3枚も4枚も重なって縫われていて、その分革の柔らかさなどは感じにくい部分になっています。
元々、バッグの構造として硬くなっている箇所なので、今回は柔らかさ重視よりも、ダメージの入りやすい四つ角を耐久性の高い補修剤で補強をさせて頂きました。

 

バレンシアガ シティ 背面 修理後2

 

ダメージ部分を整えてからは、バレンシアガらしい鮮やかなピンク色に調合しました染料やカラーリング剤でお色直しをしていきました。

 

バレンシアガ シティ 正面アップ 修理後3

 

仕上げにコーティングをする事によって、修理後バッグを使っていても汚れなどが入り込みにくくなります。

 

バレンシアガ シティ 持ち手 修理後4

 

 

before-after 写真

 

【before/after】

・バッグの正面から。色褪せて淡いピンク色になっていたバッグを、染め直しでお色直しさせて頂きました。
バレンシアガ シティ 正面 修理前1 バレンシアガ シティ 正面 修理後1

 

・染料メインの仕上げがされているバレンシアガのラムスキンは、顔料に比べると色褪せがしやすい可能になっています。修理では染料と顔料を組み合わせながら、元の色に合わせて染め直しをさせて頂きます。
バレンシアガ シティ 背面 修理前2 バレンシアガ シティ 背面 修理後2

 

・バレンシアガのバッグでよく見かける写真のような鋲のデザインですが、こちらのパーツを捲ると元の色がくっきり残っている事が多いので、そちらを目安に染め直しを致します。
バレンシアガ シティ 正面アップ 修理前3 バレンシアガ シティ 正面アップ 修理後3

 

・今回ご相談のバッグでは、持ち手の劣化がそこまで進んでいなかったので染め直しだけで修理が可能でしたが、黒ずみが目立つ場合や、紐が千切れてしまっている場合でも修理は可能です。
バレンシアガ シティ 持ち手 修理前4 バレンシアガ シティ 持ち手 修理後4

 

いかがでしょうか?

 

 

今回のご相談のまとめ

 

本日はBalenciaga(バレンシアガ)シティ バッグのスレ傷と色褪せの修理をご紹介いたしました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP