leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 ディオール オム / お財布 修理事例 】ラウンドジッパー型のお財布のファスナー修理のご紹介!

LINEで送る
Pocket

DIOR HOMMEのラウンドジップ長財布 ファスナー修理をさせて頂きました!

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、DIOR HOMME(ディオールオム)のラウンドジップ型長財布の修理をさせて頂きましたので、修理事例をご紹介いたします。

 

さて、こちらのディオールオムのお財布がどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/製品名:DIOR HOMME / ディオール オム
製品種別:ラウンドジップ型長財布
カラー:ブラック
劣化状態:ファスナーの開閉不良、革表面のスレ傷、外周部分の革巻くれ、コバのひび割れや剥がれなど
ご依頼内容:スライダー交換、レザー部分の外側全体のリペア、革捲れ部分の接着修理、コバの再加工

 

ご相談内容は? -ジッパーの開閉不良と革の捲れ-

 

本日はDIOR HOMME(ディオールオム)のお財布修理のご相談です。

 

ラウンドジップ型のお財布の各部に不具合が出てきてしまったという事でリペアのご相談を頂きました。

 

ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理前1

 

今回のご相談で真っ先に気になったのがファスナーの開閉不良ですね。

スライダーという開閉金具をどっちに動かしても開きっぱなし!

これでは中身が全部出てきてしまい、使用に問題がありますよね。

ファスナーのレール部分は、経年劣化によりメッキが剥がれてしまっていますがまだまだ元気な状態だったので、開閉金具のスライダーだけ修理をさせて頂きます。

 

ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理前4

 

次に気になるのが外周部分の革の捲れですね。

ジッパーに沿って外周部分が縫製されていますが、その端の革の部分が捲れあがってしまっています。

 

ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理前2

 

これは元々革の断面部分をゴムのようなモノで加工したコバという箇所が剥がれてきてしまったため、革が捲れてしまっている状態です。

特に次の写真の部分は、4~5cm程度に渡って革が捲れていますので、こちらは捲れている箇所を接着してから外周のコバを再加工致しました。

 

ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理前3

 

ジッパーやフチの革捲れと一緒に革表面のスレ傷も徐々に目立ち始めていましたので、今回はそちらのレザー部分の補修もさせて頂きます。

 

修理内容は? -スライダー交換と革捲れ、スレ傷修理-

 

今回の修理内容は、ジッパーのスライダー交換とフチの革捲れ修理、そして革表面のスレ傷補修です。

 

ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理後1

 

開閉不良を起こしてどちらに動かしても開きっぱなしだったジッパーも、スライダーを交換したことによりスムーズに開け閉めできるようになりました。

 

ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理後4

 

ジッパーに沿って捲れてしまっていた革の部分は、恐らくお財布を開け閉めした際に手や金具が当たってダメージが入ってしまったものだと思われました。

 

ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理後2

 

こちらの部分は、まず接着剤で捲れていた部分を固定してからコバと呼ばれるフチ専用の補修剤で、外周一周を再加工させて頂いております。

 

ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理後3

 

最後にお財布の表側全体のスレ傷補修とリカラーをさせて頂けば、今回の修理は完了です!

 

before-after 写真

 

【before/after】

・お財布の正面から。表面に出ていたスレ傷を整えて染直しを致しました。
ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理前1 ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理後1

 

・開きっぱなしだったジッパーも閉まるようになり、フチのダメージも補修致しました。
ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理前4 ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理後4

 

・ジッパーが開きっぱなしだったので、スライダー交換をさせて頂いてます。
ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理前2 ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理後2

 

・フチの革が捲れていたので、接着をしてからコバ加工をしています。
ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理前3 ディオールオム ラウンドジップ長財布 ファスナー修理 修理後3

 

いかがでしょうか?

 

 

今回のご相談のまとめ

 

本日はDIOR HOMME(ディオールオム)のラウンドジップ長財布の修理ををご紹介いたしました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP