leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 LOUIS VUITTON / ルイ・ヴィトン 】ダミエの2つ折り財布の角スレ、破れ修理のご紹介です!!

LINEで送る
Pocket

ルイヴィトンのダミエのお財布。外周のダメージを革巻き修理させて頂きました。

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

さて、本日はLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のダミエシリーズのお財布修理の事例をご紹介させて頂きます。

 

ルイヴィトンの人気シリーズ、ダミエのお財布修理です。
角スレなどが進んで、えぐれているような破れが出てきてしまったという事でご相談を頂きました。
縫製なども解けてしまっていたので、ダメージとしては少し深刻な状態です。

 

こちらのお財布がどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/製品名:LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)/ダミエ
製品種別:2つ折り財布
カラー:ブラック×グレー
劣化状態:お財布の角スレ、ひび割れ、破れ
ご依頼内容:お財布外周の革巻き補強修理

 

before-after 修理前後写真

 

【before/after】

・お財布の正面から。ルイヴィトンの中でも人気の高いダミエエピシリーズのお財布です。

 

・角スレが進んで、少しえぐれたようなダメージになってしまっています。

 

・今回は外周の革巻きをして、ダメージ部分の補強と補修をさせて頂きました。

 

・2つ折り部分の角は縫製などが解れて隙間が開いてしまっていましたが、革巻きでしっかりと縫い直しております。

 

いかがでしょうか?

 

今回の修理のご相談は?

 

本日はチェス盤のような柄が特徴的な、LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)ダミエシリーズのお財布のご紹介です。

 

ヴィトンのお財布でも定番の、2つ折りタイプのお財布ですね。

旦那様がご愛用されていたお財布だそうですが、お財布の角や外周部分のキズ、ひび割れ、破れなどのダメージが目立ち始めたという事で修理のご相談を頂きました。

 

こちらのタイプのお財布に限らず、2つ折りや3つ折りになるお財布は、必ずと言っていいほど折れ曲がる部分にダメージが入ってしまいますよね。

お財布の構造上、お財布を使うために開けたり閉めたりすると、革が伸びたり縮んだりするので角の部分に負荷が掛かりやすくなります。。

 

今回の修理内容と致しましては、お財布外周の革巻き補強修理をご提案させて頂きました。

 

お財布を拝見しますと、折れ曲がり部分のダメージが進んでいて、破れが大きく、また内側にえぐれるように削れてしまっている状態でした。

 

補修剤などでのキズ埋めも出来なくはないのですが、土台のレザーが弱っているのでキズ埋め修理では短時間で元のようなダメージ状態に戻ってしまう恐れが考えられます。

 

耐久性などを考慮しつつ、修理内容をご相談させて頂いた結果、デザインは変わってしまいますが、新しい革を外周部分に巻き付けて補強をしながら修理をさせて頂く事になりました。

 

今回の修理内容は?

 

今回の修理内容は、革巻き修理です。

 

角スレや外周部分のダメージの影響で、糸のほつれはもちろんの事、角から内側にえぐれる様にお財布本体側にもダメージが入り始めていました。

 

穴埋め修理や、糸の縫い直し修理では、耐久面に不安が残り、今後お財布の中の方まで大きなダメージを及ぼす事が考えられましたので、補強の意味も込めまして革巻き修理をさせて頂きました。

 

ダミエと同じ素材はご用意出来ませんので、見た目の違和感が少なそうな黒色の革素材を使用して、外周に新しい革を巻いております。

 

キズや破れを覆い隠すように革を巻くためデザインは変わってしまいますが、その分ダメージ部分も分からなくなり、また新しく巻いた革が車のバンパーのよな役割を果たすため、お財布本体にダメージが届きにくくなっております。

 

今回のご相談のまとめ

 

今回はルイヴィトンのダミエのお財布修理をご紹介させて頂きました。

 

今回ご紹介させて頂きましたように、デザインは変わってしまいますがご要望などに合わせまして、カスタマイズのような修理方法もご提案が可能です。

内容により出来る出来ないが変わってまいりますが、「もっと丈夫にして欲しい!」など仕上がりのご希望がございましたらお気軽にご相談ください。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP