leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 COACH / バッグ 持ち手 修理事例 】コバ剥がれの再加工修理のご紹介!

LINEで送る
Pocket

COACHのトートバッグ修理 持ち手のコバ剥がれ補修をさせて頂きました。

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、COACH(コーチ)のトートバッグの修理をさせて頂きましたので、修理事例をご紹介いたします。

 

さて、こちらのコーチのバッグがどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/シリーズ名 : COACH(コーチ) /

製品種別 : レザートートバッグ

カラー : ブラック

現在の状態 : 持ち手のコバ剥がれなど

ご依頼内容 : 持ち手コバ再加工修理

 

ご相談内容は? -バッグ持ち手のコバ剥がれ-

 

本日はCOACH(コーチ)のトートバッグの修理のご相談です。

 

今回のご依頼品は、COACHっぽいシンプルなレザートートバッグです。

トートバッグの持ち手のコバ部分が剥がれてしまったという事で、修理のご相談を頂きました。

 

COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 正面 修理前1

 

コバと言うのは革を裁断した断面の事を呼び、裁断した面は革の繊維が剥き出しの状態になっているため、そのまま製品にしてしまうと見た目がカッコ悪い。

また裁断面をそのままにバッグなどの製品にしてしまうと、毛羽立ちなどが発生したり、汚れなどが繊維層から入り込んで革を傷めたりしてしまうんです。

そこでその裁断面を蝋などで磨いたり、塗料などで加工することで、毛羽立ちを抑えて見た目もカッコ良く、耐久性も上げる加工をするんですね。

 

COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手 修理前2

 

ただ、こちらのコバも永久に持つワケではなく、経年劣化でひび割れたり剥がれてきてしまうんですね。

特に塗料などで加工されたコバは、塗料の定着が弱くなってベロベロっと剥がれてきてしまう事があるんです。

 

塗料の定着は油分に影響を受けてしまうため、よく手で触れる持ち手の中央辺りは、皮脂や汗などが入り込みやすくコバが剥がれてしまうケースは多いんです。

 

COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手コバ 修理前3

 

私も持ち手のコバが剥がれてきた経験があるのですが、一部が剥がれるとなんか気になってしまって、無意識に剥がれた部分をホジホジしてしまうなんて事はありませんか?

それでコバ剥がれが拡がってしまってゴムのようなものがダラーンとなり、うっとおしくなってコバを引きちぎってしまう。

私はこれで何度も鞄をダメにしてしまった経験があります。

 

それはさておき、今回のご相談品を拝見しますと、恐らく剥がれてから少し時間が経っていて、コバ面が少し黒ずんでしまったり段差などが出来てしまっている状態になっていました。

 

COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手コバ 修理前4

 

このままでは持ち手の中芯などにもダメージが入りかねませんので、コバの修理をご案内させて頂きました。

 

修理内容は? -持ち手コバの再加工補修-

 

今回の修理内容は、持ち手のコバ再加工補修です。

 

COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 正面 修理後1

 

まずは今回のご相談品の場合、コバが剥がれている箇所は持ち手の中央から半分程度までです。

持ち手の根元に近い部分は元々のコバが残っている状態でしたが、中央部分が剥がれているという事はその他の部分も弱っている可能性がありました。

 

なので、弱っているコバは出来る限り剥がしてしまってから、再加工修理をさせて頂きます。

 

COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手 修理後2

 

コバ面には経年劣化で発生した凸凹などが出ていましたので、そのまま再加工をしてしまうと、とんでもないボコボコしたコバに仕上がってしまいます。

コバを削ったりして平らに均してから再加工作業を進めていきます。

 

COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手コバ 修理後3

 

下地作りが完了すれば、あとはコバ補修剤で再加工をしていくだけです。

少し山なりのコバの方が見た目がキレイで耐久性も高いので、補修剤を塗って乾燥を何度も繰り返し持ち手のコバを作っていきます。

 

COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手コバ 修理後4

 

仕上げにツヤの調整とコーティングをして修理作業完了です!!

 

 

 

before-after 写真

 

【before/after】

・バッグの正面から。ご愛用された使用感は出ていますが、大きなダメージもなく良い味が出始めていますよね。
COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 正面 修理前1 COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 正面 修理後1

 

・革の裁断面をコバと言いますが、そのコバを加工した箇所が剥がれてしまい革の繊維層が剥き出しになってしまっていました。このままでは見た目も耐久面も良くないので、コバの再加工をさせて頂きました。
COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手 修理前2 COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手 修理後2

 

・コバ剥がれ自体は持ち手の中央から半分くらいまでですが、定着の弱くなっている箇所は全て剥がして修理をさせて頂いております。
COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手コバ 修理前3 COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手コバ 修理後3

 

・段差が残らないように下地を作ってから、山なりになるようにコバ補修剤を何度も塗って仕上げていきます。
COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手コバ 修理前4 COACH トートバッグ コバ剥がれ修理 持ち手コバ 修理後4

 

いかがでしょうか?

 

 

今回のご相談のまとめ

 

本日はCOACH(コーチ)のトートバッグの持ち手コバ再加工修理をご紹介いたしました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP