leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

COACH / コーチ ショルダーバッグ スレ傷補修とパーツ交換修理のご紹介です!!

LINEで送る
Pocket

COACH(コーチ)のショルダーバッグ、スレ傷の修理と染直し、各パーツ交換をさせて頂きました!

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

 

本日は、COACH(コーチ) ショルダーバッグのダメージが目立ってきたという事で、レザーリペアと各パーツの交換修理をご紹介致します。

 

同じような症状でお悩みの方に、少しでもお役にたてば幸いです!!

 

修理品の詳細

ブランド/製品名:COACH(コーチ)
製品種別:ショルダーバッグ
カラー:ダークブラウン
劣化状態:レザー部分のスレ傷、シミ、汚れ、角の破れ、金具の破損、革のひび割れなど
ご依頼内容:スレ傷補修、染直し、革巻き交換、ショルダーベルト交換、ヒネリ金具交換

 

before-after 修理事例の写真をご紹介!!

【before/after】
・バッグの正面から。

 

・バッグの背面から。

 

・角の部分が擦れて、大きな破れが出てしまっています。

 

・こちらは蓋の角の破れです。

 

・蓋を留めるヒネリという金具が壊れてしまい、固定出来なくなっていました。

 

・背面のフチは、体が触れる個所になるのでダメージも深く入ってしまいがちです。

 

・ショルダーベルトにはひび割れなどの大きな劣化が見られます。

 

今回のバッグのお悩みは?

今回はCOACH(コーチ)のショルダーバッグの修理のご相談です。

 

ビジネスバッグやブリーフケースタイプのバッグで、書類なども入る大きさなのでお仕事などには持ってこいのレザーバッグだと思います。

 

今回ご相談頂きましたのは長年ご愛用されてきたバッグという事で、ご使用された年月の分だけ全体的に様々なダメージが見受けられます。

革の表面に出てきているスレ傷やシミ、色褪せ、汚れなども目立ち始めてはいますが、それ以上に気になるのが角やフチの部分の破れです。

経年劣化により、革が擦れて薄くなってしまった事により、複数個所に大きな破れが出てしまっています。

 

またショルダーベルトには、革の乾燥により出てきたヒビ割れが発生してしまっていますので、このまま放置してしまうと破れや千切れになってしまう可能性もございます。

バッグの蓋を留めるヒネリという金具も壊れてしまっていて、蓋を留めることが出来ずにパカパカ開いてしまう状態になってしまっています。

 

長くご愛用されてきたバッグなだけに、今後も出来るだけ長く使っていきたいという事で、気になる個所については全て修理をご提案させて頂きました。

さて、今回のご依頼のバッグにどのような修理をさせて頂いたかを次にご紹介させて頂きます。

 

今回のバッグの修理内容は?

今回は出来るだけ長くご愛用頂けるように、レザー部分の全体的なリペアと各パーツの交換で修理をさせて頂きました。

 

まずレザー部分については、長年蓄積した汚れなどをしっかり落としてから、専用のクリームなどで革に大切な栄養と保湿与えていき、弱ってしまった革自体を元気にしていく作業をしていきます。

 

その後、補修剤で大きなスレ傷を整えてから、元に近いお色に染直しをさせて頂き、最後のコーティングを施してまいります。
革の表面をカラーリングやコーティングする事で、新しい保護膜が出来るので、現状よりも耐水性や耐久性を向上させることが出来るんです。

 

次にダメージの深い角やフチの部分は、新しい革を巻く修理をさせて頂きます。
今回のバッグの場合、破れた個所が多く、それぞれが大きいため、耐久面を考えると補修剤などで埋めることは難しくなってしまいます。
特に歩いたり、バッグを置いたりする時に擦れる可能性が高いため、現状の弱った革を土台に使用しての修復は、更に悪化させてしまう事も考えられます。
本体のお色に合わせた新しい革で、角やフチを巻き直すことにより、気持ちよくお使頂けると思います。

 

ショルダーベルトについても同様に、長年のダメージが蓄積していて革自体がかなり弱っている状態でした。
特にショルダーや持ち手ハンドルの場合、直接カラダに触れるため汗や皮脂が入り込みやすく、それが革を乾燥させて大きなダメージになってしまう事が多いんです。
今回もショルダーベルトに無数のひび割れが出てしまっていて、現状の革を修復する事は難しい状態になっていました。
バッグの重みで一番負荷が掛かる場所のなので、こちらも心機一転新しい革でショルダーベルトを作り直しさせて頂きました。

 

最後に蓋を固定するヒネリ金具の交換です。
金具のオス側が回転する事により蓋を留めるようになっているのですが、こちらも経年劣化で金具が破損してしまっており回転する部分が馬鹿になってしまっている状態でした。
ヒネリ金具自体はクラフトなどの材料で販売されており市販でも手に入りやすい金具なのですが、それぞれの金具で細かな形状が違い、最初はなかなかCOACHのバッグに合う金具が見つかりませんでした。
大きさが違ったり、バッグへの固定方法が違ったりで、そのちょっとした違いが不具合を出してしまう可能性があり色々と金具を探していたのですが、最後はアメリカのパーツ屋さんで元の金具に合うものが見つかり交換修理をさせて頂く事になりました。

 

この度は修理のご依頼を頂き、誠にありがとうございました!
今回の修理で今後も末永く気持ちよくお使い頂けると幸いです。

 

バッグの修理はお気軽にご相談ください!!

革製品のお悩み、お困り事は是非「スタッツ(スタジオナッツ)」まで!!

バッグやお財布、靴やジャケットのパーツ交換、破れ修理、シミ、黒ずみ、スレ傷修理から縫製修理、メンテナンスなど、様々な革製品の修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP