leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 BOTTEGA VENETA / ボッテガヴェネタ 】2つ折り財布のスレ傷、色褪せ補修 染直し修理のご紹介です!!

LINEで送る
Pocket

ボッテガヴェネタの2つ折り財布!スレ傷、色褪せ補修をさせて頂きました。

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

 

本日は、bottega veneta (ボッテガヴェネタ)の2つ折りタイプのお財布の修理事例をご紹介いたします。

 

ご愛用されているボッテガのお財布が、経年劣化によってくたびれてきてしまったという事で修理のご相談を頂きました。

 

さて、そんなボッテガヴェネタのお財布がどのような修理になったかご覧ください。

また、この記事が同じような症状でお悩みの方に、少しでもお役にたてば幸いです!!

 

修理ご依頼品の詳細

 

ブランド/製品名:bottega veneta(ボッテガヴェネタ)
製品種別:2つ折り財布
カラー:ブラウン
劣化状態:お財布全体のスレ傷とひび割れ、色剥がれ、ファスナー持ち手の劣化
ご依頼内容:お財布全体のスレ傷補修+ファスナー持ち手交換

 

写真 -before after-

【before/after】
・お財布の正面から。全体的にかなり使用感が出始めていましたので、補修と染直しをさせて頂きました。

 

・ボッテガのお財布でよく見かけるファスナー持ち手の革紐もボロボロになっていたので、新しい革紐で交換させて頂きました。

 

・レザー表面のスレ傷が進んでいて地肌が見えていましたので、カラーリングで新しい塗膜を作り直しました。

 

・お財布を開け閉めするホック周辺はよく触るのでダメージが入りがちです。こちらもシッカリと補修させて頂いております。

 

いかがでしょうか?

 

今回のご依頼品は?

本日はBOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)の、2つ折り財布のご紹介です。

 

ご愛用されているお財布が、経年劣化によってくたびれてきてしまったという事で、修理のご相談を頂きました。

 

お財布全体のスレ傷やひび割れ、表皮の剥がれもかなり目立ち始めてはいますが、ボッテガヴェネタでよく見られますファスナーの持ち手革紐がほつれ始めてしまっています。

 

ボッテガヴェネタのお財布で使われているこちらの革紐タイプのファスナー持ち手は、革紐の中に数本の白い糸が補強のために入れて接着されておりますが、その白い糸が表側に見えてモケモケと毛羽立ってしまっています。

 

ファスナー持ち手にしても、お財布本体にしても、破れのような大きなダメージがあるわけではございませんが、色剥げなどにより劣化しやすい状態になってしまっています。

 

今回ご相談頂きましたボッテガヴェネタのお財布のような革の状態になりますと、革の中に汚れなどが蓄積しやすく、乾燥を進めてしまう可能性が非常に高くなってしまいますので、革紐の交換と一緒にレザー部分の補修をしっかりとさせて頂きます。

 

今回の修理内容は?

ボッテガヴェネタで使われている革は、主にラムレザーとカーフスキンという2種類の素材が使われています。

ラムレザーの製品は比較的手触りがしっとりしていて柔らかいのが特徴で、カーフスキンの製品はラムレザーに比べると少し硬めでしっかりとした手触りが特徴です。

 

今回ご相談頂きましたボッテガヴェネタは、ラムレザーが使わている2つ折りタイプのお財布で、やはり独特の柔らかい手触りをしております。

ボッテガヴェネタに限らず、このラムレザーという素材は様々なブランド、革製品に使われておりますが、柔らかく手触りが良いのが特徴ですが、その反面表面加工があまりされていないため、スレ傷などが入りやすくなっています。

 

今回ご相談頂きましたお財布も、破れなどの大きなダメージは見受けられませんが、お財布全体にスレ傷、色剥がれが目立ち始めてしまっていますね。

 

修理内容と致しましては、お財布全体のスレ傷補修とファスナー持ち手紐の作成です。

 

お財布全体に発生しておりますスレ傷や色剥がれ箇所は、本来の表皮が剥がれて土台の繊維層が見えてしまっている状態です。

そのため補修剤や補色剤などを使って、剥がれてしまった表皮を作り直していきながら、お財布全体のお色直しを行いました。

 

ファスナー持ち手も、ラムレザーに近い厚みの革で新しく作り直して交換させて頂いております。

 

今回のご相談のまとめ

今回はボッテガヴェネタの2つ折り財布のご紹介をさせて頂きました。

 

今回のご紹介の事例だと、スレ傷や乾燥などのダメージが進んでいて、革の状態的には染直し修理が出来るギリギリの状態でした。

スレ傷や色ハゲを放置してしまうと、革の地肌がむき出しの状態になってしまい、重度な劣化を引き起こしています場合があります。

長くご愛用品をお使い頂くには、少しダメージが目立ってきたかなくらいでご相談頂けますと、修理もキレイに仕上がり長く気持ちよくお使い頂けると思います。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

 

【youtube】stutsレザーチャンネル

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP