leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 ルイヴィトン / お財布 修理事例 】エピの長財布の色剥がれや表面の痕の修理のご紹介です!!

LINEで送る
Pocket

ルイヴィトンのエピの長財布 表面の色剥がれや使用痕のような凹みのお悩みをリペア補修で解決!

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のエピの長財布の修理をさせて頂きましたので、修理事例をご紹介いたします。

 

さて、こちらのルイヴィトンのお財布がどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/シリーズ名 : LOUIS VUITTON(ルイヴィトン) / エピ

製品種別 : 長財布

カラー : ブラック

現在の状態 : 塗装剥がれ、表面の凹み、スレ傷など

ご依頼内容 : スレ傷補修、リカラー修理

 

ご相談内容は? -他店で修理した表面が短期間で剥がれてきて困っている-

 

本日はLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のエピの長財布修理のご相談です。

 

ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理前1 

 

ご使用年数は10年程で、お財布の買い替えもご検討されていたそうですが気に入るお財布が見つからず、今回修理のご相談を頂きました。

 

実はこちらのお財布ですが、当店のご相談いただく半年ほど前に別のレザーリペア店にご依頼をされたんだそうです。

10年程のご使用なので、元々は経年劣化のスレ傷などが目立っていたという事で一度レザーリペアのご依頼をされましたが、修理後すぐにキズが入ったり塗装が剥がれてきたりで、せっかく修理したのに半年程度で目立つダメージが出てしまったそうです。

 

思い入れのあるお財布という事で、何とか再修理が出来ないかという事でこの度ご相談を頂きました。

 

ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理前2

 

お財布の状態を拝見しますと、ご相談頂きましたように表面のスレ傷はもちろんなんですが、爪を押し当てたような凹みであったり、なぜか表面が白ボケたような箇所が出ていました。

 

ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理前3

 

レザーリペアをご依頼されるのもそんなお手軽なモノではありませんので、せっかく修理したのに半年でこれではショックですよね。

 

ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理前4

他店で修理されたモノのお直しの場合は、どのような修理がされたか分からないので、仕上がりや耐久性などに影響を与えてしまう可能性がありますので、修理作業としては難しくなってしまうケースもあるんですね。

今回は、今後も出来る限り長く大事に使っていきたいというお気持ちもお伺いしましたので、少しでも当店でお力になれればという事で修理のご依頼を頂くことになりました。

 

さて、こちらのルイヴィトンのお財布がどのようになったか、続きをご覧ください!

 

修理内容は? -塗装剥がしをしてから、スレ傷補修とリカラー修理-

 

今回の修理内容は、塗装は剥がしをしてからのスレ傷の補修とレザーリカラー修理です。

 

ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理後1

 

まずお財布の状態を拝見しますと、リペアされた塗膜が定着しておらず、コーティングも不安定な弱いものが使われてしまった可能性が考えられました。

 

このようなケースの場合、上からどれだけスレ傷補修やリカラーをさせて頂いてとしても、土台部分の定着が弱いため、どうしても表面がすぐに剥がれてきてしまう可能性が残ってしまいます。

 

今回の修理作業では、まず以前リペアされた塗装を全てキレイに剥がすことから始めていきます。

 

ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理後2

 

革を傷めないように、数種類の薬品を塗装はがしの効果が優しい方から順番に使って、塗装を剥がしていきます。

 

定着がしっかりしている場合は、効果の強い薬品でゴシゴシ拭き取っていかなければならないのですが、今回の場合は一番優しい薬品でも簡単に剥がれてきてしまう状態だったので、革を傷みも少なく修理をさせて頂くことができました。

ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理後3

 

下処理で塗装をキレイに拭き取れば、あとは通常のスレ傷補修とリカラーの作業を進めていきます。

 

キズ埋め剤などの補修剤で表面のスレ傷を整えてから、色の調整をしたカラーリング剤でリカラーをさせて頂きます。

 

ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理後4

 

元々のダメージが深い部分もあったので、修理痕のデコボコは残ってしまいましたが、塗装剥がれや凹んだ痕などはかなり目立たなくなったと思います。

 

最後のツヤの調整とコーティングをすれば、今回の修理は完了です!

 

これで今後も気持ちよくご使用いただけると思います。

 

before-after 写真

 

【before/after】

・お財布の正面から。今回はルイヴィトンのエピの長財布のご紹介です。ご使用年数は10年程ですが、以前にスレ傷などが目立ってきたため、他のレザーリペア店へご依頼をされたそうです。ただ、修理後すぐにキズのような凹みが入ってしまったり塗装が剥がれてきたそうで、大変ガッカリされていたそうです。
ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理前1 ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理後1

 

・修理以外にお財布の買い替えもご検討されたいたそうですが、気に入ったお財布が見つからず思い入れのあるお財布だという事で、今回修理のご相談を頂きました。他店の修理のお直しの場合、他店の作業内容が分からないので難しくなってしまうケースもあるのですが、今後も出来るだけご愛用されたいという事でしたので、お力になれればと思い修理させて頂くことになりました。
ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理前2 ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理後2

 

・塗装剥がれやスレ傷はもちろんなんですが、原因不明の白い痕が出てしまうようになっていました。恐らく表面加工が不安定だったりすることが原因だと思いますが、半年前に修理したとは思えない箇所が何か所か見られました。
ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理前3 ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理後3

 

・お財布の状態を確認すると、他店さんがされたキズ補修やリカラーの塗料が定着していないような様子が見られました。定着を強固にするために、修理された塗膜を一度すべて剥がしてから、スレ傷補修とリカラーの作業を進めさせて頂きました。
ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理前4 ルイヴィトン エピ 長財布 塗装剥がれ 傷痕 修理後4

 

いかがでしょうか?

 

 

今回のご相談のまとめ

 

本日はLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のエピの長財布の、塗装剥がれとスレ傷、リカラー修理修理をご紹介いたしました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

ルイヴィトンの修理事例はこちら!

 

染め直し、カラーリング修理の事例はこちら!

 

エピの修理事例はこちら!

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP