leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 TUMI / ビジネスバッグ 修理事例 】バッグの持ち手剥がれの修理をご紹介!

LINEで送る
Pocket

TUMIのビジネスバッグ 持ち手の剥がれのお悩みをコバ再加工修理で解決!

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、TUMI(トゥミ)のビジネスバッグの修理をさせて頂きましたので、修理事例をご紹介いたします。

 

さて、こちらのTUMIのバッグがどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/シリーズ名 : TUMI(トゥミ) /

製品種別 : ビジネスバッグ

カラー : ブラック

現在の状態 : 持ち手のゴムのような部分が剥がれた

ご依頼内容 : 持ち手コバの再加工修理

 

ご相談内容は? -バッグ持ち手のゴムみたいな部分が剥がれて困っている-

 

本日はTUMI(トゥミ)のビジネスバッグの修理のご相談です。

 

TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理前1 

 

耐久力が高く、ビジネスシーンでも大人気のTUMI(トゥミ)のビジネスバッグですね。

オフィス街などを歩いていると、結構な確率でTUMIのバッグを持たれている方を見かけます。

 

TUMI(トゥミ)は、1975年にアメリカで設立されました。

社名の由来は、ペルーの偶像「トゥミ」。

創業者が南米の青年平和部隊のボランティア活動に参加したそうで、そのことがきっかけでこの社名になったそうです。

 

使用されているのナイロン素材は「バリスティックナイロン」と呼ばれるもので、1980年代にこの「バリスティックナイロン」で黒一色で機能性に優れたビジネスバッグで成功をおさめたブランドです。

 

TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理前2

 

ご使用年数がかなり長いとの事でしたが、お聞きした使用年数には見えない綺麗な状態のバッグでした。

持ち手の革も柔らかいながらも強い牛革が使用されていて、こちらの革の状態もとても良かったです(*’▽’)

 

ただ写真をご覧いただくと、持ち手部分でゴムのような塗料で加工された箇所が剥がれている事が分かると思います。

 

TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理前3

 

長年のご使用で、コバと言われる革の断面に塗料などで加工された箇所が剥がれてきてしまい困っているという事で、今回修理のご相談を頂きました。

 

少し画像では見づらいのですが、直接手が触れる機会の多いセンター部分はコバが広範囲で剥がれてしまっています。

それ以外の剥がれていない部分もコバが割れていたり、一部剥がれたりしています。

 

TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理前4

 

さて、こちらのTUMIのビジネスバッグがどのようになったか、続きをご覧ください!

 

修理内容は? -持ち手のコバ再加工修理-

 

今回の修理内容は、剥がれてしまっている持ち手コバの再加工修理です。

 

TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理後1

 

まず持ち手の状態を確認していくのですが、持ち手の真ん中付近の手で握る部分が大きく剥がれていますが、持ち手の根元などは剥がれずに残っている箇所も見られます。

しかし、今後すぐに剥がれそうな部分を残して補修をしてしまうと、同じようなコバ剥がれが出てしまいます…

そのため、コバの状態をしっかり見ながら、定着が弱っている箇所は全て再加工をさせて頂きます。

 

TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理後2

 

汚れ落としや弱っているコバを剝がしたりなど、下処理をしっかりとしてから、ツヤとお色を調整したコバ補修剤で再加工をしていきます。

 

TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理後3

 

コバと言いましても、革の種類などに合わせて加工方法は様々で、一般的には今回のような塗料での加工と、磨き加工があります。

 

どちらにしても革の断面部分の毛羽立ちを抑えて、見た目をキレイにするために加工をするという目的があるのですが、塗料でのコバ加工の場合は何度も塗り重ねて少し厚め仕上げるのがポイントになります。

 

TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理後4

 

仕上げに塗料の定着のためにコーティングをして、今回は修理完了ですね!

これで今後も気持ちよくご使用いただけると思います。

 

before-after 写真

 

【before/after】

・バッグ全体。ビジネスマンに人気の高いTUMIのビジネスバッグです。ご使用年数がかなり長いとお伺いしましたが、バッグ全体はとてもキレイにお使いですね。
TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理前1 TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理後1

 

・今回は持ち手のゴムのような部分が剥がれてきて困っているという事で修理をご相談頂きました。コバと言われる革の断面を加工した箇所で、長年の使用でその加工が剥がれてきてしまっています。
TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理前2 TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理後2

 

・手で握る持ち手の真ん中部分のコバ剥がれが目立ちますが、根元付近はそこまで大きなダメージは見受けられません。ですが、定着の弱っている箇所をそのまま放置してしまうと、すぐに同じような剥がれが出てきてしまう恐れがあります。
TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理前3 TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理後3

 

・ツヤの感じと色を調整したコバ補修剤で、持ち手のコバを再加工させて頂きました。弱っていた箇所は全て剥がしてから再加工致しましたので、これで今後も気持ちよくご使用いただけると思います。
TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理前4 TUMI ビジネスバッグ 持ち手剥がれ コバ 修理後4

 

いかがでしょうか?

 

 

今回のご相談のまとめ

 

本日はTUMI(トゥミ)のビジネスバッグの持ち手コバの再加工修理をご紹介いたしました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

TUMIの修理事例はこちら!

 

コバ・フチの修理事例はこちら!

 

持ち手・ハンドルの修理事例はこちら!

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP