leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 エルメス / お財布 修理事例 】クロコのベアンのベルト補修修理のご紹介!

LINEで送る
Pocket

HERMESのベアン お財布の留め具ベルトの修理をさせて頂きました。

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、HERMES(エルメス)のベアン お財布修理をさせて頂きましたので、修理事例をご紹介いたします。

 

さて、こちらのエルメスのお財布がどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/製品名:HERMES(エルメス)/ベアン
製品種別:長財布
カラー:ブラック
現在の状態:コバ剥がれ、汚れなど
ご依頼内容:部分コバ補修+メンテナンスプラン

 

ご相談内容は? -お財布の留め具ベルトのスレが気になる-

 

本日はHERMES(エルメス)のベアンのお財布修理のご相談です。

 

エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理前1

 

型押しのクロコ風レザーが使われたベアンという形の長財布で、正面のH型の金具が特徴的なお財布ですね。

 

エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理前2

 

さて今回ですが、お財布の全体的にはほとんどダメージも無く大変キレイな状態ですが、お財布正面の留め具ベルトが毛羽立ってきたという事で修理のご相談を頂きました。

 

エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理前3

 

ベアンは、ブランドのイニシャルでもあるHの形をした金具に、レザーのベルトを通してお財布を閉めるデザインになっていますが、このベルト部分の端が擦れてモケモケしてきています。

H型の金具とベルトの幅がかなり精巧に作られているので、どうしてもベルトを通したときに端が金具に当たって劣化しやすくなっているんです。

 

エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理前4

 

今回はベルト補修のついでという事で、お財布全体のお手入れもさせて頂きます。

 

修理内容は? -ベルトコバ補修とメンテナンス-

 

今回の修理内容は、留め具ベルトのコバ補修とレザーメンテナンスです。

 

エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理後1

 

お財布全体は、レザー専用の特殊なクリーナーで汚れをしっかりと落としてから、革に大切な保湿をしていきました。

メンテナンス前の方が光沢がありましたが、そのほとんどが汚れや手垢などで発生しているツヤなんです。
もちろん元々の加工や、磨きなどのお手入れで出ている光沢もありますが、今回のお財布で使われているような革は元々そんなに光沢が出ている素材ではなかったんですね。

 

エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理後2

 

クリーナーで革に付いた汚れなどをしっかり落として、元の落ち着いたツヤの感じに戻していきます。

最後にコーティングをしてレザーメンテナンスは完了ですね。

 

エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理後3

 

お財布のベルトについては、コバと言う革の断面の加工が剥がれている状態だったので、その再加工をさせて頂きました。

 

ベルトの中芯が端から出てきていて毛羽立っている状態だったので、そこを整えてから色合わせをしたコバ補修剤で再加工をしていきました。

 

エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理後4

 

ベアンの留め具ベルトは多くのご相談を頂く修理の一つでありますが、金具とベルトの幅が本当に絶妙に作られているので、下手にコバの再加工をしてしまうと修理後にベルトが通らないなんて事も出てきてしまいます。

 

コバの再加工でベルトに厚みが出ないように気を付けながら毛羽立ちを補修していき、ベルトが通ることを確認したら修理は完了です。

 

before-after 写真

 

【before/after】

・お財布の正面から。型押しクロコのベアンというシリーズのお財布です。ブランドのイニシャルでもあるHの形をした金具が特徴的ですね。
エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理前1 エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理後1

 

・外観ではほとんどダメージも見当たらず大変キレイな状態ですが、留め具のベルトにダメージが出始めたという事で修理のご相談を頂きました。ベルト補修とは別にお財布のお手入れもご依頼いただきましたので、レザーメンテナンスをさせて頂きました。
エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理前2 エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理後2

 

・留め具ベルトの部分です。ベルト側面のコバが擦れてしまい、中芯の毛羽立ちが出てしまっています。毛羽立ちを整えてから、コバの再加工をさせて頂きました。
エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理前3 エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理後3

 

・ベアンの留め具ベルトはかなり精巧に作られているので、修理などでベルト幅が変わってしまうと金具に通らなくなってしまう事があります。毛羽立ちやスレ傷を整えつつ、幅が変わらないように慎重に再加工をしていくのがポイントですね。
エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理前4 エルメス ベアン お財布 ベルト修理 修理後4

 

いかがでしょうか?

 

 

今回のご相談のまとめ

 

本日はHERMES(エルメス)のベアン、お財布の留め具ベルトのコバ補修とレザーメンテナンスをご紹介いたしました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

エルメスの修理事例はこちらから!!

 

コバ・フチの修理事例はこちら!

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP