leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 ホワイトハウスコックス / お財布 修理事例 】長財布のファスナースライダー修理をご紹介!!

LINEで送る
Pocket

ホワイトハウスコックスの長財布 ファスナーが閉まらないお悩みをファスナー交換修理で解決!

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の長財布の修理をさせて頂きましたので、修理事例をご紹介いたします。

 

さて、こちらのホワイトハウスコックスのお財布がどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/シリーズ名 : Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス) /

製品種別 : 長財布

カラー : ブラック

現在の状態 : ファスナーが閉まらない、ファスナーの持ち手が千切れそうなど

ご依頼内容 : ririスライダー交換、ファスナー持ち手革交換

 

ご相談内容は? -お財布が閉まらなくなり、ファスナーの持ち手も千切れてしまいそうで困っている-

 

本日はWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の長財布修理のご相談です。

 

ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理前1 

 

今回のご相談は「外のジッパーが上手く動かず、閉めても空いちゃったりして困っています」という事で、お問い合わせフォームより修理のご相談を頂きました。

 

ご使用年数は5年程でしたが、経年劣化でファスナーの動きが悪くなり、レールが上手く嚙み合わなくなってしまったため、ファスナーをどちらに動かしてもお財布が開いてきてしまう状態になっていました。

 

ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理前2

 

ファスナーの状態を拝見しますと、表面のメッキの剥がれが剥がれてちょっと錆びたような見た目になっています。

これだけでもファスナーの劣化が容易に想像できますね。

 

ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理前3

 

またファスナーの開け閉めの不具合に加えまして、革持ち手の修理もご相談を頂きました。

本来ホワイトハウスコックスのお財布にはファスナーの革持ち手が付いているのですが、これが表側は千切れて取れてしまい、小銭入れの持ち手についてはまだ千切れてはいませんがかなり傷んでいる状態になっています。

 

ホワイトハウスコックスのお財布のファスナーであれば、革の持ち手が千切れてしまっても辛うじて金属の持ち手がありますので開け閉めをする事は出来るのですが、やはり革持ち手分の長さが短くなるだけちょっと不便になってしまいます。

また見た目的にも少し物足りない気がしますよね。

 

ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理前4

 

さて、こちらのホワイトハウスコックスのお財布がどのようになったか、続きをご覧ください!

 

修理内容は? -ririのスライダー交換と革持ち手交換修理-

 

今回の修理内容は、ririのスライダー交換と革持ち手の交換修理です。

 

ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理後1

 

まず表側のファスナーを確認しますと、お財布が閉まらなくなっていて開閉不良は出ていますが、レールやテープの部分には大きなダメージもなかったので、スライダーの交換で対応をさせて頂きました。

 

ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理後2

 

ホワイトハウスコックスのお財布では、riri社のファスナーが使われていて、そのririのファスナーの中でも一番オーソドックスな「FLACH」というタイプの金属持ち手が付いている金具が使われています。

 

そのため修理では、元のスライダーと同様にririの「FLACH」タイプのスライダーを使用して交換修理をさせて頂きました。

 

ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理後3

 

ファスナーの革持ち手については、それぞれの箇所の色に合わせた牛革で、元と同じような形の持ち手を交換、取り付けさせて頂きました。

 

ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理後4

 

お財布も閉まるようになり、ファスナーもスムーズに動いていますので、こちらで今後も問題なくご愛用頂けると思います。

 

これで今後も気持ちよくご使用いただけたら幸いです。

 

before-after 写真

 

【before/after】

・お財布の正面から。今回はホワイトハウスコックスの長財布のご紹介です。表側のファスナーの動きが悪くなってきて、お財布が閉まらなくなってしまったという事で修理のご相談を頂きました。
ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理前1 ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理後1

 

・ご使用年数は5年程という事ですが、経年劣化によりファスナースライダーが傷んで、レールを上手く噛み合わせられなくなっていました。ホワイトハウスコックスのお財布の多くは、riri社の「FLACH」という持ち手タイプのスライダーが使われていますので、同種の金具を使用して交換修理をさせて頂きました。 ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理前2 ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理後2

 

・ファスナーの開閉不良に加えまして、表側と小銭入れ側の革持ち手についても修理のご相談を頂きました。表側ファスナーの持ち手は千切れてしまい、小銭入れ側の持ち手は千切れ掛かっていました。それぞれの色に合わせた牛革を使用して、同じような革持ち手を作成、交換させて頂きました。
ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理前3 ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理後3

 

・修理をさせて頂き、お財布も問題なく閉まるようになりました。ファスナーもスムーズに開け閉めが出来ていますので、こちらで今後も気持ちよくご愛用頂けると思います。
ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理前4 ホワイトハウスコックス 長財布 ファスナーが閉まらない 持ち手が千切れそう スライダー交換 ファスナー修理 修理後4

 

いかがでしょうか?

 

 

今回のご相談のまとめ

 

本日はWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の長財布のファスナースライダー交換と革持ち手交換修理をご紹介いたしました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

ホワイトハウスコックスの修理事例はこちら!

 

ファスナー修理の事例はこちら!

 

金具・パーツ交換の修理事例はこちら!

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP