leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

ボッテガヴェネタ お財布修理のご案内【縫製・パーツ交換編】 ブランド別よくあるお悩みと修理のご案内

LINEで送る
Pocket

 【よくあるお悩みと修理のご紹介】ボッテガヴェネタ / お財布 縫製・交換修理編

ご覧頂きありがとうございます。神戸のリペアショップ「stuts(studioNUTS)」です。

 

当店への修理のご依頼、ご相談の中でもbottega veneta / ボッテガヴェネタの製品のお問い合わせを多く頂戴いたします。

 

そこで、今回はボッテガヴェネタのお財布の縫製やパーツ、金具交換修理にスポットを当て、よくあるお悩みや修理事例をご紹介いたします。

 

よくあるお悩み -ボッテガヴェネタ お財布編-

bottega veneta / ボッテガヴェネタのお財布でよくある修理、ご相談をまとめました。

 

 

 

  • 角スレ、破れ
    -パイピング交換、破れ補修

  • 金具、ホックの故障
    -金具交換、ホック交換

  • 糸ほつれ
    -再縫製、縫い直し

  • 裏地の破れ、汚れ
    -裏地交換

 

 

 

それでは、ここからはそれぞれの修理事例をご紹介してまいります。

 

角スレ、破れ修理

お財布を使っているとどうしても角やフチなどにダメージが入りやすいですよね。

当店へのご相談でも、角の破れや外周部分のひび割れなどを多く頂戴いたします。

また、ボッテガヴェネタの代名詞でもあるイントレチャートという編み込み部分も破れてしまったというようなお悩みを多くお伺いします。

 

「お財布のパイピングが破れてきてしまった」
「編込みの一部がひび割れてボロボロになってきた」など

 

上記のような角スレや破れなどでお悩みの場合は、こちらを参考にご覧頂ければと思います。

それでは、ここからは症状や修理内容別にパイピング交換や破れ補修に関連するお悩みと修理を解説してまいります。

 

角の破れ、フチの破れ -パイピング交換-

ボッテガヴェネタのラウンドジップタイプのお財布によく見られるパイピング。

ファスナーに沿って外周部分にストローのような丸い革がデザインされている部分をパイピングと言いますが、角のスレなどが進んで破けてきてしまったというご相談を多く頂きます。

このような症状が出てしまった場合は、新しい革でパイピングの巻き直しをご案内させて頂いております。

 

・ラウンドジップタイプのお財布のパイピング交換の事例です。長年のスレ傷によって革が削れて行って大きく破れてしまっています。こちらはパイピングの巻き直しに使用する革の色合わせも一緒にさせて頂いた事例です。

 

・角の部分が破れてしまったという事例です。パイピングが破れてしまうと、お財布本体の革が剝き出しの状態になってしまうため、放置すると大きなダメージになってしまう恐れもあります。

 

・パイピング交換の場合ファスナーが縫い付けてある外周の縫製を解いていくので、ファスナーに不具合がある場合はパイピングと一緒に交換などをご相談頂くと、通常よりもお安くご案内可能です。

 

 

ボッテガヴェネタの製品は主にラムという子羊の革と、カーフという仔牛の革の2種類の素材が使われております。

ボッテガのラムは大変柔らかく手触りが良いのですが、柔らかい分だけ耐久性が低いのが特徴で、カーフは逆にハリがあって少し硬めですが、ラムに比べると丈夫な革になっています。

 

そのためパイピング交換のご相談を頂く場合は、柔らかいラムレザーのお財布がほとんどで、お財布によりましてはパイピングのほとんどが破れたり裂けてしまったりしているモノもあります。

 

そのまま放置してしまうと、パイピングにより保護されていたお財布の本体になる編み込み部分の革にダメージが入ってしまいやすくなるため、編み込みが解けてしまうなんて可能性も考えられます。

 

ブランドと同じ素材をご用意する事は出来ませんが、似た革でパイピングの交換をさせて頂きます。

 

 

破れ補修 -いろいろな破れ修理-

ボッテガヴェネタのイントレチャート(革の編み込み技法)ですが、使っている内に編込みの一部が破れてきてしまったというようなご相談を頂く事があります。

 

こちらでは編込みの破れなどと一緒に、様々な破れ修理の事例をご紹介いたします。

 

・2つ折りの長財布の修理事例です。ちょうど手で持つ位置の編み込みがひび割れてボロボロになってきてしまったという事でご相談のを頂きました。弱っている編み込みをカットして、新しい革で編み込みを再現しました。

 

・こちらはかなり特殊なケースでダメージが出ている部分の革を全て交換させて頂いた事例です。お財布の角の部分などが大きくえぐれてしまい、革自体が無くなってしまっていたので、元の編み込み部分を全て取り外し、新しい革に交換させて頂きました。

 

イントレチャートとは革の編み込み技法の事で、ボッテガヴェネタの代名詞になっていますね。

イントレチャートは、革を編込むことでお財布やバッグなどを使っている最中に受ける負荷を逃がし、型崩れなどを防いでくれる効果があります。

 

 

金具、ホック交換

 

お財布を開け閉めするためのボタンホックは、使っているとしっかり留まらなくなったしまったりします。

そのような場合は、ホックの交換で修理可能です。

 

ボタンホックの故障 -ホック交換-

 

・2つ折りの長財布のホック交換の事例です。バネホックと言われるタイプの留め金具ですが、使っていると中のバネが壊れてしまいお財布がしっかり閉まらなくなってしまいます。この事例では似たお色のバネホックを交換させて頂きました。

 

 

糸ほつれ

お財布を使っていると、スレなどにより糸が擦れてしまい縫製が解けてしまう事があります。

縫製がほつれてしまう箇所は、よく触ったり負荷が掛かりやすい箇所に多いですが、ほつれなどにより糸が切れてしまった部分を放置してしまうと、その部分からほつれが広がってしまう恐れがあります。

糸がほつれているといったお悩みがございます場合は、再縫製をご案内させて頂きます。

 

裏地の破れ、汚れなど

 

お財布の内側に付いている革や生地などの裏地ですが、使っていると汚れてきたり、破れてきたりなんて事が発生する事がありますよね。

特に小銭入れやカードホルダーの中は、コインやカードによって汚れやダメージが出てしまいやすい箇所になっています。

裏地が革で、ちょっとした汚れや色剥がれ程度であればリカラーでも対応は可能ですが、生地などの汚れや裏地が破れてしまっている場合は元のように修復する事が出来ません。

当店では裏地生地の汚れや破れでお困りの場合は、裏地の交換をご提案させて頂いております。

裏地などによく使われているシャンタンという生地を使用して、裏地の交換修理が可能です。

 

どこで修理? -ボッテガヴェネタのお財布修理について-

 

ご愛用のお財布に不具合が出てしまって困ったという時に、「どこで修理が出来るのか」、「どこに修理を出そうか」など迷ってしまうこともあるかと思います。

 

ボッテガヴェネタの製品の修理は、当店のような修理店以外にも正規店などブランドの方でも修理サービスを行っています。

 

そこで、こちらでは当店が考える修理店とブランドの正規修理それぞれの特徴をご案内いたします。

 

※修理内容により修理店や正規修理サービスで受付していない修理もございます。修理をご検討の場合は、各店舗へお問い合わせください。

 

修理店での修理

修理店での修理の場合、正規店の修理と比べて比較的安価に修理が出来るケースが多く、保証書やギャランティカードなどが無かったり、購入ルートが分からないような場合でも修理可能という事が特徴だと思います。

 

また修理のお預かり期間が比較的短いことが多いので、正規修理に比べると愛用のお財布が早めに戻ってくことが多いですね。

 

しかし修理店の場合は、ブランド純正パーツや素材をご用意できないため、修理に使用する金具やパーツ、革素材などが類似品になってしまいます。

 

修理店の場合は、それぞれのお店で対応可能なことが変わってきます。
また修理店の中には、正規修理で断られた修理でも対応が出来る場合もありますので、いくつかのお店にお問い合わせされることをオススメいたします。

 

メリット

・比較的安価に修理可能な場合が多い
・保証書やギャランティカードが無いなど、購入ルート不明の場合でも修理可能
・お預かり期間が短いことが多い

 

デメリット

・純正パーツや素材が用意できないため、類似品での交換になる
・お店により仕上がりが違うため、あたりはずれがある。

 

ブランド正規店での修理

正規の修理サービスの場合、修理に使用するパーツは純正パーツになるため、元々のブランドのパーツや革素材での修理が可能です。

特にブランド製品の場合、ブランドオリジナルのパーツが使われている事も多いので、修理店では入手できない純正パーツでの修理をしてもらえるのが特徴です。(パーツや素材によっては廃盤になっている事もあるようです。)

 

また確実にブランドのクオリティでの修理になるため、仕上がりにあたりはずれが少なく安心して修理の依頼が出来ると思います。

 

しかし修理店に比べると、費用が高額になることが多く、修理の預かり期間も長いことが多いです。

また、購入ルートなどによっては修理を受け付けて貰えないこともあります。

 

 

メリット

・純正のパーツや素材での修理、交換が可能
・ブランドクオリティでの修理になるため、仕上がりも安心

 

デメリット

・費用が高額になることが多い
・預かり期間が長めで、手元に戻ってくるまでに時間が掛かる
・購入ルートや保証書など、内容によっては修理を受け付けてくれない

 

今回のまとめ

 

今回はボッテガヴェネタのお財布レザーリペアのご紹介させて頂きました。

 

ボッテガのお財布のレザーのトラブルでお悩み、お困りの方に、こちらの記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP