leather studio stuts (スタッツ)【公式サイト】

【 エルメス / お財布 修理事例 】アザップロングのファスナー持ち手修理のご紹介!

LINEで送る
Pocket

エルメスのアザップロングのお財布 ファスナーの持ち手の千切れのお悩みを持ち手交換ん修理で解決!

 

ご覧頂き誠にありがとうございます。
神戸のレザーリペアショップstuts(スタッツ)です。

 

本日は、HERMES(エルメス)のアザップロング、シルクインの長財布の修理をさせて頂きましたので、修理事例をご紹介いたします。

 

さて、こちらのエルメスのお財布がどのような修理になったかご覧ください。

また、こちらの記事と同じような症状でお困り、お悩みの方に少しでもお役に経てれば幸いです。

 

ご依頼品の詳細

 

ブランド/シリーズ名 : HERMES(エルメス) / アザップ シルクインロング

製品種別 : 長財布

カラー : レッド

現在の状態 : ファスナーの持ち手が千切れて無くなってしまった

ご依頼内容 : ファスナー持ち手交換

 

ご相談内容は? -ファスナーの持ち手が千切れてしまって困っている-

 

本日はHERMES(エルメス)のアザップロング、シルクイン長財布の修理のご相談です。

 

 

 

今回は赤色が鮮やかなエルメスのアザップロング、シルクインの長財布ですね。

ご使用年数は分かりませんが、お財布の状態を拝見すると大変キレイな状態なので、そこまで長い期間のご愛用ではないのではないかと思います。

 

 

検品させて頂いても、アザップやシルクインのお財布でよく見られる革の汚れやスレ傷も見当たらず、ファスナーもスムーズに開け閉めは出来ている状態です。

 

 

ただ一点、本来であればこちらのエルメスのお財布には菱形のファスナー持ち手が付いているはずなんです。

 

写真をご覧いただくと、ファスナーを開け閉めするためのスライダーという金具には、エルメスの刻印がされた金属持ち手が付いています。

本来であれば、その先にレザー、もしくは内側のシルクと同じ素材のファスナー持ち手が付いているはずなんです。

 

 

こちらのファスナーの持ち手ですが、金属部分を持って開け閉めする事は出来るので、その先の菱形の持ち手部分は千切れたままという方も多くいらっしゃると思います。

 

ただ持ち手が短い分だけ少し開け閉めがしにくいのと、やっぱり本来の形を知っているとデザイン的に少し物足りない印象になってしまいますよね。

 

さて、こちらのエルメスのシルクインのお財布がどのようになったか、続きをご覧ください!

 

修理内容は? -革持ち手交換修理-

 

今回の修理内容は、ファスナーの革持ち手交換修理です。

 

 

当店への修理のご相談の中でも、エルメスのシルクインのお財布はかなり上位に入る製品で、その中でもファスナーの修理は本当に多くのご相談を頂いております。

 

 

シルクインのお財布でよく見かける持ち手としましては、シルク素材で作られた持ち手と、ブラウン系のレザー素材で作られた2種類がありますが、当店ではエルメスのシルク素材はご用意出来ませんのでレザーを使って持ち手を作成、交換させて頂きます。

 

 

こちらの革持ち手ですが、菱形の革を通す穴の部分が絶妙な大きさをしていまして、ちょっとした修理ではあるのですが、意外と難易度は高いんです。

 

革が厚すぎても金属持ち手に通すことが出来ず、逆に薄すぎると修理後に簡単に千切れてしまう可能性が出てしまいます。

当店で持ち手交換修理では、元のエルメスの持ち手から取った型を使用して、革の厚みを細かく調整しながら作業をさせて頂いております。

 

 

ブランドと全く同じとまではいきませんが、似た革持ち手を取り付ける事が出来ました。

こちらで今後も気持ちよくご使用いただけたら幸いです。

 

before-after 写真

 

【before/after】

・お財布の正面から。赤色が印象的なエルメスのアザップロング、シルクインの長財布になります。

 

・今回は、ファスナーの革持ち手が千切れて無くなってしまったという事で修理のご相談を頂きました。ご使用年数は分かりませんが、ファスナーの持ち手以外はダメージもほとんどなく大変キレイなお財布で、ご愛用の期間もまだ短いのではないかと思います。

 

・エルメスのシルクインのお財布では、本来の菱形の持ち手が付いています。素材は内側のシルク素材だったりブラウン系の革素材など種類があるのですが、当店の修理ではシルク素材はご用意出来ないため、ブラウン系の革を使用して交換させて頂きます。

 

・エルメスの革持ち手から取った型紙を使用して持ち手を作成、交換してまいります。

 

いかがでしょうか?

 

 

今回のご相談のまとめ

 

本日はHERMES(エルメス)のアザップロング、シルクイン長財布のファスナー革持ち手交換修理をご紹介いたしました。

 

大切な方から頂いたモノだったという事で、お財布が修復できたことを大変お悦び頂けました。

 

この度は修理のご依頼を頂きまことにありがとうございました。

これで今後も気持ちよくお使い頂けますと幸いです。

 

エルメスの修理事例はこちら!

 

ファスナー修理の事例はこちら!

 

持ち手交換の修理事例はこちら!

 

革製品のお悩み、お困り事は是非「stuts(studioNUTS)」まで!!

バッグやお財布、靴、ジャケット、ソファなどの革製品の修理から、ファスナー修理や持ち手交換などの縫製修理、メンテナンス、カスタムなどなど、様々な修理を承っております。

もちろんご相談、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◇stuts youtubeチャンネル◇

当店のyoutubeチャンネルでは、修理の事例紹介や革製品、修理に関連した動画をアップしております。

【youtube】stutsレザーチャンネル

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

バッグやお財布、靴やジャケットなど、革製品の修理・メンテナンスはお気軽にご相談ください!ご愛用品のお悩み、お困り事を解決致します。
スレ傷、シミ、変色、色褪せ、持ち手、裏地、ファスナー、金具などなど、どんな事でもお問い合わせください!

080-4499-1520

営業時間:10:00~18:00
定休日:木、日、祝日

※お問い合わせフォーム、メール、LINEでのお問い合わせは24時間受け付けております。

stuts公式LINEアカウント

LINEを利用してお客様からのお問い合わせ、ご相談も承っております。

 

お友達登録をする場合は、下記バナーをクリック!!

または、QRコードよりご登録ください。

友だち追加

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    お電話番号
    お問合せ内容
    ファイルを添付(※最大5枚)



    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    stuts-studioNUTS

    神戸のレザーリペアショップ「stuts(studio NUTS)」です。バッグやお財布、靴、ジャケットなどの革製品の修理、メンテナンス、カスタムなどを承っています。また当店が運営しておりますレザープロダクト「ragnote(ラグノート)」では、レザーアイテムやレザーケア用品、修理用金具やリペア塗料などを販売しています。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お気に入りのレザーアイテム、ブランド品でお困りの方、お気軽にご相談ください!

    無料お見積りはこちら 無料お見積りはこちら arrow_right
    PAGE TOP